人工知能を使って脆弱性を確かめるというようなことも可能です

ALphaGoにはなんの言及もなく
特に分かりやすいのはGoogleNowの機能拡張「NowOnTap」とPhotoストレージサービス「GooglePhoto」の標準搭載ですNowonTapの紹介として、「今晩、映画「Tomorrowland」を見ない?」と書かれたメールをユザが読んでいると、画面下部にその映画に関する情報表示される、というデモが会場で行われました。確かにGoogleNowよりは自然さを感じさせますGooglePhotoについては、既にAndroid版だけでなくiOSアプリでも2015年5月にリリースされています。
IoT中に入っているマッチ棒の数を変えることにします

AIが仮に心を獲得したとして
要は容量無制限で写真を保存してくれるアプリなのですが、最大の売りは、写真の内容を認識して自動的に分類までしてくれるところです。これによって、例えば子供と動物園に行った時の写真を探したければ「動物園」と分類されたところから探すことができます。まさに人工知能が本領発揮出来るサービスです。
ちなみに、GooglePhotoだけでなくGoogleサービスを利用する上で共通の注意点ですが、無料の代償として預けたデータにGoogleがアクセスすることがあります。

人工知能に磨きをかけるため

(Googleにとってデータは人工知能が学べる最高の宝です)そこは必ずGoogleも規約を公開していますので、便利だからといってすぐに飛びつくのではなく、ある程度プライバシー方針を読んでおいたほうがいいでしょう。(これはGoogleサービスに特化した話ではありません)このように、モバイル時代でもGoogleは、その主導権を握るために人工知能を武器にしていますところが、今度は別次元の戦いが起こりました。
人工知能実現のための技術

IoT中に入っているマッチ棒の数を変えることにします

2004年に設立され一気に世界最大のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の座に躍り出たFacebookの台頭ですGoogle:Facebookとの競争よくビジネスの世界では、原料を調達して加工·販売して利益を獲得する一連のビジネス活動を価値の連鎖とみたてて「バリューチェーン」という言葉で表現します。

テクノロジーを良いものとも悪いものとも考えてはいませんでした

それに倣うと、Appleはバユーチェーンのうち設計とマーケティングの領域に絞ってあとは徹底的な合理化によって高い収益力を実現しています。そして、その収益の大半は機器販売そしてその大半はiPhoneによるものです。一方Googleは、自社サービス利用時に表示される広告収入が大半であり、バリューチェンの構造が異なりますFacebookの収益モデルは、Googleと同じように広告に大きく依存しています。急成長には様々な背景,理由がありますが、とにもかくにもSNSのプラットフォームを握りましたFacebook発表によると、2015年6月末時点で、1か月に1度でも利用した人の数は約15億人とのことです。
ロボットとパートナーになり

人工知能が数多くつくられ

つまり、世界で5人に1人はFacebookを使っているということです。
同じ広告サービスとはいぇ、Googleサービスの中心は検索でありSNSではありません。そこまで影響しないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、そうでもありません。まず、Google検索する際、Googleサービスにログインしない限りはその人が誰なのかを特定することが困難で、かつその入力された検索語句だけで嗜好性を知るにはどうしても限界があります。