プログラムで実装しよう

人工知能AIが書いた自動記事はすでに100社以上に導入される
そうなってくると、コンピュータ資源がより必要になることと、そして何より、我々のライフスタイルや価値観も変わってくることになるでしょう。そこで鍵となるのが「wクラウド」です。
wクラウドとは、コンピュータ資源やそこに実装されたソフトウェアをサービスとして利用出来る「Cloud」と、不特定多数の群集の力を借りる「Crowd」の2つをさしています。(著書造語)おそらく前者については既に個人·企業いずれにおいても普及しつつあるので特に説明は要らないと思います。今後IoT化が進むにつれて、コンピュータ資源がより必要になることから、Cloudへさらにシフトしていくことは疑いないでしょう。
ロボットとパートナーになり

人工知能ですそういうことを解明できれば
もう1つのCrowdですが、要はインターネットやスマートフォンという技術·インフラを活用することで、より個人が不特定多数のヒトと簡単につながってその助けを得ることが出来る仕組みです。各個人は必ず余剰な時間·リソースが(ヒトによって程度の差はあれ)あるはずです。要はそれを必要なだけ、借りたり貸したりすることが容易になります。前述のAirBnBやUberもそれを実現するサービスです。

IoT化された近未来

その他でも、比較的小規模または期間限定だけどヒトの手が借りたいときに依頼出来る「クラウドソーシング」は、まさにその代表的な実現例です。クラウドソーシングも既に国内でも普及しつつありますが、今後の雇用形態の多様化や、埋れた人材を有効活用する意味でも有用な仕組みです。「塵も積もれば山となる」ということわざが示すとおり、1つ1つの取引規模は小さくても、その数が圧倒的に多い(いずれは言葉の壁も越えて世界中とため、既存の企業間を中心とした経済活動に大きく影響を及ぽすことは間違いありません。
ロボットが上です太陽パネルという分散電源·つの種類で考えてきた

人工知能が知的労働を代替してしまうような世界において

むしろ、これからの経済·社会では、新しいテクノロジーをうまく使えば各個人でも活躍できる機会が高まるため、仕事をしているヒトは所属する企業、そして国籍のある国家、これらとの関わり合いも変化していくのではないかと思います。今でも、インターネットを使って同じ趣味を持ったヒト同士がSNSなどでコミュニティを形成したり、場合によっては政治デモ参加を働きかけて数万名のCrowdの力を結集したりしています。その動きはより活発になり、さまざまなテーマにおいて、国家,企業という枠組みを超えての個人単位でつながったコミュニティの力が増していくのではないかと思います。

AIと人間の未来とのテーマ

(前述のリフキンによれば、新しく「協働型コモンズ」というコミュニティ形態が強くなると予想しています)このような未来において、人工知能はどのような位置づけになるのでしょうか?Googlのシュミットによれば、人類の夜明けから2003年までの間に、約5エクサバイト(1エクサバイトは100万ギガバイト)の情報が作られましたが、現代の我々はその量を2日で作っているといいます。IoT社会が到来すると、データがさらに爆発するため、もはや人間が脳で処理出来る範囲を大きく超えてしまいます。従って、その情報処理役として、人工知能の役割はますます大きくなるでしょう。
loTの話はいったんここまでにしておきます。次の章からは改めて人工知能に焦点を絞り、役となっている企業の取り組みから紹介していきたいと思います。
人工知能に特化したわけではなく

人工知能ですじて身体を移動したり

牽引

海外企業の取り組み

海外企業で最も人工知能への投資が活発なのはIT系の企業です。その代表格がGoogleでApple,Microsoft.IBM.Facebook.Amazonなどがそれに続きます。但し、だらだらと各企業のトピックスを列挙してもつまらないので、Googleがどのように今の地位を築き、そして次の成長戦略をどのように築こうとしているのか?