ロボットであるロボアドバイザーに任せるようになっている

そして時期を同じくして、Microsoftも人工知能への取り組みが改めて注目されるようになりました本書でも取り上げたように、ベイズ技術やヒントンとの共同研究など、Microsoftはむしろ先行して人工知能技術に取り組んでいます。今までの収益の大半はOSやビジネスアプリケーションのライセンス販売であったがゆえに、Google,Facebookほど派手な動きは目立ちませんでしたが、今は違います。
大きく分けて、下記の3つがMicrosoftの人工知能に関する主要な取り組みです。
ロボットは工場のラインにあって

Skypeによるリアルタイム翻訳Cortana(コルタナ)のマルチプラットフォームProjectAdamによる画像認識技術向上Skypeのリアルタイム自動通訳については既にご紹介しましたが、2012年のデモンストレーション当時より性能は格段に向上しています。製品としては、同時通訳機能「SkypeTranslator」として2014年にプレビュー版を出し、今では5か国(英語·スペイン語·フランス語·ドイツ語·中国語)に対応しています。

人工知能が気づくようになり


人工知能しかし株投資などの金融投資はリスクが伴う

これがさらに普及していくと、言葉の壁をなくすほどのインパクトを秘めているかもしれません。
Cortanaは、SiriやGoogleNowのような音声アシスタントでしたが、今はMicrosoftの人工知能ランド名称として使われています。元々はMicrosoftの検索サービスBingやMSRで培った機械学習の研窪衵果をもとに開発されています。2015年夏にリリースしたWindows10でデビューしたばかリですが、iOSやAndroid向けにも提供されており、決してMS製品ありきではなく、独立したサービスとして展開していこうという動きをみせています。
AI時代は特にそんな時代です

IoT時代においてデータは誰のモノかという論争が起きている

まだ出たばかりですのでこれからの評価が期待されるところです。
ProjectAdamについては2014年夏の自社イベントで発表があり、猫の描写で有名なGoogleの研究より30分の1の台数のPCで50倍の速度、2倍の確度で画像を認識する性能があるということです。仕組みの基本はディープラーニングですが、従来との違いは、コンピューターの処理連携をより効率化するHOGWILDと呼ばれる技術の採用で、ウィスコンシン大学で研究開発されたものです。


インターネットと呼ばれています

AIrbnbもう少し先延ばしにして

イベント以降での新しい発表は、2015年にはありませんでしたが、水面下で色々と研究はすすめられているようです。
PCが普及する前は、メインフレームと呼ばれる中央集権型コンピュータが席巻しておりIBMがその王者の座を占めていました。そして個人がコンピュータを持つPC時代を迎えてMicrosoftが一気にその座を奪いました。
人工知能を実現する事ができる

人工知能は進化してきました


人工知能が抽出した手に人間が気づいていないことがあり

そのMicrosoftも、PC時代の終焉と共に意気消沈したかに見えたのですが、この数年はクラウドやスマートデバイス事業と共に、人工知能を上手く利用して改めてその存在感を再び高めつつありますでは次に、コンピューター時代の初代王者IBMの動向に触れてみたいと思います。
IBM:巧みなマーケティングと基礎研究の厚みIBMは、民間企業としては一番人工知能研究の歴史が長いのですが、自社では決して「人工知能」という表現を使わずに、Congnitiveという呼称を使っています。人工知能と書くと人間の仕事を奪うイメージが付着してしまうため、意図的に避けているようです。
とはいえ、人工知能がお茶の間で話題を呼んだ最たるものといえば、1997年にチェス王者を破ったDeepBlueと、2011年にクイズ王となったWatsonです。