人工知能の技術的特異点シンギュラリティ近年

しかし、どんなにネットで最高の注文体験を提供したとしても、その商品の届くのが遅かったら、価値は大幅に低下しますAmazonの2つ目の強みは注文後に配送されるまでの省力化·スピード化にあり、これらを組み合わせて最高の顧客体験を提供することこそがAmazonの強みですAmazonはその2つ目の強みをさらに磨くため、2012年にKivaSystemというロボットメーカを買収しました。目的は配送センターにロボットを導入することでより省力化·スピード化を図るためです。従来は、人間が注文された商品を棚から探して梱包に渡していく労働集約的な作業でした現在では、ロボットが注文された商品のある棚を持ち上げて人間のところへ届けるのです。
人工知能が実際に登場したニュースが新聞紙面

まさ逆転の発想ですそして何より、Amazonのロボット戦略で一番有名になったのは、2013年に発表されたドローン無人自律型飛行機による空からの配送でしょう。今でもAmazonのYoutube公式チャンネルでドローンが飛んでいる映像がみれますので、もしまだ見たことがない方はご覧になってみてください。

AIは出現する気配すら見せていない


AIの進化は加速度的に増した

これはPrimeAirプロジェクトと呼ばれていますが、米国航空連邦局(FAA:FederalAviationAdministration)による飛行規制があるため、2015年段階ではまだ研究&テスト段階ですAmazonが求める規制緩和が認められれば、また新しいロボットの世界が広がる可能性もありますそのAmazonですが、ロボット以外にも人工知能を使った新しい仕組みをいくつか始めましたその1つが、2015年に製品化されたAmazonEchoと呼ばれる音声スピーカです。
ロボットにやらせたのです

ロボットを間近で見てみたいと思うものです

(2015年時点では日本語化は未発表)これは、言ってしまえばSiriやGoogleNowに音声受発信が出来る物理デバイスを付加したものです。例えば、Echoに「今Pandoraで流行しているネットラジオをかけて以前にAmazonで買ったティッシュボックスをもう一度注文して」と話しかけると、音楽を流したりAmazonで注文処理を代行します。ちなみに、自然言語での対話は、2012年に買収したEviのシステムを活用していると言われていますAmazonからは未公表そして、もちろん今後Amazonが陸路配送として自動運転車にも力を入れる可能性は多分にあるでしょう。


AIが3歳児にも劣る能力しか持っていなくて

人工知能にとってはかなり難しいことです

Amazonは最大のネット小売企業であると同時に、テクノロジーカンパニーとみたほうが実態に近いと思います。したがって、GoogleとAmazonは業態は若干違っても、IoT社会を見据えた新しい市場で競合になる可能性は大いにあるでしょう。
Google人工知能の基礎研究このように、すでに実用領域でGoogleは色々と展開を進めています。
AIが業務内容に対し新たに仕掛けなおすベテランの良さもあればまた

コンピュータパワーが必要だったのです


人工知能を用いた自動運転を展開して

最後に今後の展望として改めて人工知能の基礎研究関連で話題を集めたトピックを3つ紹介させてください。
1つ目は、発明家で人工知能にも詳しいレイ·カーツワイルを2012年に招聘したことです。(ちなみにあのミンスキーの元で博士号を取得しました。)人工知能に少しでも興味のある方は、カーツワイルが唱える「シンギュラリティ技術的特異点」という言葉は御馴染みでしょう。それぐらい普及した言葉で、人工知能の未来を予想するときも「シンギュラリティはくるかどうか?」がよく議論になります。カーツワイルの著書「特異点は近い」によると、「テクノロジーが急速に変化し、それにより甚大な影響がもたらされ、人間の生活が後戻りできないほどに変容してしまうような、来るべき未来のことだ。」と書かれており、それが2045年と予測しています。