AIのことです囲碁における新しい手のよう

ロボットのために今の仕事を失うのです
まず、Appleはユーザへの価値体験を包括的に垂直統合型ともいわれます提供することを強みとしています。例えば、iPhoneにSiriやあの何とも言えない指でぐりぐりする操作感があったとしても、中に面白いアプリや簡単な決済システムがなければ、価値としてはがくんと下がってしまいます。つまり、現代の我々消費者は、局所的な機能云々というよりも、iPhoneを通じて体験したこと全てをもって評価する傾向にあります。
Appleはそのユーザ体験全体を管理しようとしており、その世界観にそぐわないものはiPhone/iPad向けアプリや周辺機器に実装することを許さないのです。
人工知能は進化してきました

ディープラーニングはどうやってモノを理解するのかここまで読めば
そのような戦略をとるAppleに対して、Siriという1機能だけをみては、ユーザに置いてけぼりにあってしまいます従ってGoogleは、遅れをとったモバイル時代でも覇者となるため、検索機能の強化やYoutube.Gメール.GoogleMapなど、様々なWebサービスを提供するだけでなく、モバイル用OSAndroidを開発厳密には買収してAppleの牙城を崩そうとしましたここで、最近よく使われるようになった「プラットフォーム」という言葉を整理しておきます例えば空港もプラットフォームの1つです。我々は空港に行かないと空による移動手段を獲得できません。

人工知能までには発展していかない

このように、何か行う際に必ず通過する関所のようなものがプラットフォームですMicrosoftがPC時代の覇者になれた最大の要因は、WindowsというOSプラットフォームを制覇したからにほかなりません。モバイル時代も、そしてこれからもプラットフォームの重要性は増していくでしょう。
ロボットとパートナーになり

ロボットの登場で土中の栄養塩

Googleは、当初こそデバイスメーカHTCと一緒にスマートフォンの共同開発を行いましたが2008年にリリースして以降、AndroidOSは各メーカに対してオープンに提供することにしましたこの戦略は成功し、サムソン電子、ファーウェイ、LGエレクトロニクスといった韓国·中国メカの躍進もあり、Android搭載のスマートデバイスは一気に全世界ダントツ1位のシェアを誇っています。(日本は例外的にiosがまだ強いですが)モバイルOSプラットフォームを握ったGoogleは2014年に、「GoogleNow」をAndroidへ標準搭載しました。

人工知能に関わる研究成果主にパズルと算術証明を披露しあいました

このGoogleNowというのはSiriのような音声アシスタントで、それまでの人工知能エンジンを磨き上げて出来ています。但し、利用方針は若干Siriと異なっており、聞かれたら答える受動的なものだけではありません。様々なGoogleサービスで蓄積した履歴を元に、利用者が有用と思われる情報を予測して「自発的に」伝える仕組みを実装したのです。(勿論ユーザの好みで利用有無はコントロール出来ます)簡単に利用イメージを紹介しますGoogleNowをインストールして、カードと呼ばれるいくつかの提案メニューを選んでおきます。
人工知能実現のための技術

AI時代を生き抜くことができます

例えば、「次の予定」カードを選ぶと、適切なタイミング要は移動が間に合う時間内で、現在地から目的地の交通ルートを自発的に教えてくれるのです。
そして2015年の開発者向けイベントGoogleI/Oで発表された次期AndroidOSAndroidM」は、さらなる人工知能の強化を示唆するものでした。